So-net無料ブログ作成

カナダの「マリリン・モンロー」ビル、最優秀高層建築に [ニュース]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120614-00000064-reut-int


[シカゴ 13日 ロイター] 米シカゴを拠点とする「高層建築と都市居住に関する国際委員会(CTBUH)」は13日、2012年の「最優秀新築高層ビル賞」を発表し、「マリリン・モンロー」との愛称で呼ばれるカナダの建築物などが選ばれた。

CTBUHは、南北アメリカ、アジア・オセアニア、欧州、中東・アフリカの4地域から同賞を選出。デザイン、技術革新性、持続可能性などを基に評価を行った。

南北アメリカ地域では、カナダのトロントに近く完成予定の2棟の住居ビル「アブソルート・タワー」が選ばれた。同ビルは曲線的な外観が特徴であることから、「マリリン・モンロー」との愛称でも呼ばれている。

アジア・オセアニア地域ではオーストラリアのシドニーにある楕円形の28階建てビルが、欧州地域ではイタリアのミラノにある「パラッツォ・ロンバルディア」が、それぞれ最優秀賞を獲得。中東・アフリカ地域では、カタールのドーハにある「ドーハ・タワー」が選ばれた。

また革新性を評価する「イノベーション賞」には、太陽の動きに合わせて正面部分が回転する、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビの「アル・バハール・タワー」が選ばれた。日本からの入賞はなかったが、東京にある鹿島建設の本社ビルがイノベーション賞の最終選考まで進んだ。

アブソルート・タワー


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。