So-net無料ブログ作成

インテルとモービルアイ、自動運転の公道テストへ…「レベル4」技術搭載(レスポンス) [ニュース]

https://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/sci/rps/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvaGw_YT0yMDE3MDgxMC0wMDAwMDAzMS1ycHMtc2Np

インテルは8月9日、新たな自動運転車の開発計画を発表した。これは8月8日、インテルがモービルアイを傘下に収めたことに伴う発表で、両社は自動運転車の共同開発に取り組む。

インテルとモービルアイは、米国、イスラエル、欧州の3地域において、自動運転の公道試験を行う計画。テスト車両は2017年後半から配備を始め、最終的には100台以上のテストカーを導入する。

インテルとモービルアイのテスト車両は、「レベル4」の完全自動運転技術を搭載する予定。最高位の「レベル5」のひとつ下に位置するレベル4は、米国の自動車技術者協会のSAEによると、ドライバーが制御を再開する必要がある場合を除いて、ほとんどの運転状況において、車両がドライバーに代わって運転操作を行うことを意味する。

モービルアイの共同創設者で、間もなくインテルの上級副社長に就任予定のAmnon Shashua氏は、「モービルアイのセンサーや地図などの技術は、世界のあらゆる場所で自動運転を可能にするために非常に重要」と語る。

インテルは、独自のオープンコンピューティングプラットフォームやデータセンター、5G通信技術に、モービルアイのセンシングやマッピング技術を組み合わせて、高度な自動運転の実現を目指していく。

《レスポンス 森脇稔》

Blood on the Stage, 480 B.C. to 1600 A.D.Milestone Plays of Murder, Mystery, and Mayhem【電子書籍】[ Amnon
価格: 14,232円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
<span><span>In four volumes of </span><span style="font-style:italic;">Blood on the Stage</span><span>, Amnon Kabatchnik examined more than 400 crime-themed plays produced in the 20th century. As any theater lover knows, however, depicting acts of wrong-doing is not a recent phenomenon. The stark, v
Supported by 楽天ウェブサービス




Israel: Ziv Aviram and Amnon Shashua, Mobileye



広島平和記念資料館のホテル・旅館人気ランキング
大沼国定公園のホテル・旅館ネット予約
青森県立郷土館のホテル・旅館比較口コミ
日本はきもの博物館のホテル・旅館情報
豊橋市美術博物館の激安ホテル・旅館
文翔館のホテル・旅館情報
若狭和田海水浴場のホテル・旅館情報の森
安佐動物公園のホテル・旅館お得情報
レディース帽子uvの通販人気ランキング
胡蝶蘭通販大特集
うなぎ 白焼きのお買い得情報
新潟県立歴史博物館のホテル・旅館を調べました
カラーボックス 3段を通販で安く買うなら
海上自衛隊呉史料館のホテル・旅館比較口コミ
エアロバイク 折りたたみ 静音を通販で探してる?
稚内市ホテル・旅館大特集

nice!(1) 

nice! 1