So-net無料ブログ作成

乳がん細胞 正常な肝臓に負担 [ニュース]

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000008-kyt-sctch

 がん細胞が24時間周期の体のリズムを乱し、肝臓に負担を与えていることが関西文化学術研究都市の国際電気通信基礎技術研究所(ATR、京都府精華町)の研究で分かった。がん患者に多い肝臓の肥大や不眠は体内時計の故障が原因の可能性がある。新たな治療法の開発や患者の生活の質向上につながる成果で、米国科学誌オンコターゲットに6日、掲載された。
 研究グループは、ATR・佐藤匠徳特別研究所の河岡慎平主任研究員、北條広朗研究員ら。マウスに悪性の乳がん細胞を移植し、体内各所の細胞の遺伝子約2万個について働きの変化を網羅的に調べた。
 がん転移が広がる前の3日から1週間後には、体内で24時間の規則的な周期を作る主要な「時計遺伝子」のNr1d1遺伝子が肝臓で働き(発現)が抑えられており、このため他の遺伝子の働くリズムも乱れ、リズムが失われたり、働きが昼夜逆転したりした遺伝子もあった。
 リズムが乱れたのは、細胞を傷つける酸化ストレスの抑制や、細胞分裂に関わる遺伝子で、実際にマウスの肝臓で酸化ストレス増大や肥大が認められた。
 河岡さんは「がん細胞は正常な臓器に悪影響を与えるが、その仕組みの一端が分かった。悪影響を抑えることができれば、生活の質を落とさずに患者が延命できる」と話している。

インフルエンザ パンデミック 新型ウイルスの謎に迫る【電子書籍】[ 河岡義裕 ]
価格: 950円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
ロベルト・コッホ賞を受賞したインフルエンザの世界的権威が書いた衝撃の科学ミステリー。変幻自在なインフルエンザウイルスの謎に迫る! 21世紀初のパンデミック(世界的大流行)が突如発生、ウイルスは瞬く間に世界に伝播した。はたして新型ウイルスは、人類を脅かす存在なのか。ロベルト・コッホ賞を受賞した世界的権威らが、最新の研究成果をもとに、インフルエンザウイルスにまつわるさまざまなミステリーを解き明かす。(ブルーバックス・2009年9月刊)画面が切り替わりますので、しばらくお待ち下さい。 ※ご購入は、楽天kobo商品ページからお願いします。※切り替わらない場合は、こちら をクリックして下さい。 ※このペ
Supported by 楽天ウェブサービス




キャストインタビュー10 星野彩実編(河岡役)



玄海国定公園の格安ホテル・旅館
内灘海水浴場のホテル・旅館情報
かみね動物園のホテル・旅館口コミ情報
鹿児島のホテル・旅館を調べました
瀬戸内海のホテル・旅館情報の森
みさき公園のホテル・旅館情報
足摺海洋館の激安ホテル・旅館
ひかりのホテル・旅館
二本松市のホテル・旅館を調べました
松本のホテル・旅館比較口コミ
品川のホテル・旅館情報の森
東京セサミプレイスのホテル・旅館レビュー
新鹿海水浴場のホテル・旅館濃い情報
熊野古道 日帰りのホテル・旅館濃い情報
ニセコ積丹小樽海岸国定公園の最新ホテル・旅館情報
守谷海水浴場のホテル・旅館人気ランキング

nice!(0) 

nice! 0